1 「分別解体」が出来ずに、全て一緒に解体するという所謂「ミンチ解体」   しか出来なくなってしまうからです。   「一気に解体出来るから早いし安くなるのでは」と思われがちですが、   実はそうではなく、解体費用は割高になります。
3 また産廃の処分費用は年々少しづつ上がっている傾向があります。   建設業全般に言えることですが、労働力の減少も懸念されている   状況を鑑みると、後回しにすればするほど、解体費用は高くなる傾向   があります。
2 一気に壊した廃材をより分ける手間が大幅にかかり、分別仕切れない廃材も増え   「混合廃棄物」という扱いとなり、その処分費用(処分の受け入れ単価)が非常に   高くなってしまいます。

+

  

 老朽化が進み、屋根が落ちてしまったり、室内が風雨の影響を受けて床が腐っているような場合、解体費用は非常に高額になってしまう恐れがあります。何故かと言いますと廃材をより分けながら解体する工法の

















































































家屋の構造、大きさ・広さ・場所によって費用は変わる 解体工事を行う作業員人数 工事車両の駐車スペースの有無 家屋の大きさ、近隣との距離で養生や足場設置が変わる 屋内の廃棄物(残置物)の量 家屋以外の解体工事の有無 地中のゴミの処分について(地中障害物・地中埋蔵物)
次の理由で解体費用は変わります
家屋や建物の解体工事費用の相場とは、解体工事にかかる複雑な計算をわかりやすくするために 「坪単価○○万円」という表現をしています。 相場という表現は、あくまで解体工事費用を比較する目安の金額を「家屋の種類✕坪数」 で表しています。 一般的な解体費用の相場とは、家屋(建物)のみの解体費用になり、外構や庭木、カーポート 等の撤去費用が含まれない場合が多くあり、解体工事費用の総額ではありません。 消費税の有無もあり、実際の解体工事にかかる金額と異なるため、相場は解体業者を 選ぶ際の一つの目安としてご活用ください。 そのため「相場」として表す数字は、解体業者毎によって様々です。 相場の費用として、建物の解体費用だけの場合や処分費・事務処理費などは含まない費用で 坪単価を表している場合もあります。 ウエーブサイトに記載されている相場の金額だけで、解体業者を選ぶより、 現地調査をした上での解体工事の見積金額で比較検討しましょう。

一般的に言われる「坪単価は建物本体の解体工事費用。
付帯物がある場合には付帯工事費がかかります。
解体業者のホームページなどで、「坪単価○○万円」等と書かれていると、建物の面積に
その坪単価をかけると解体費用が計算できると考えがちですが、敷地内にブロック塀や樹木
、室内に残置物などがある場合には別費用がかかるので注意が必要です。

解体工事で損しない費用の相場
富山解体マスコットガール









解体費用 約190万円(税込)
家屋解体後の更地
屋根瓦の撤去
重機で解体(この後処分場に運ぶ) 
解体平屋(約35坪)































解体工事業登録番号  富山県知事登録  29第112号
第1 ギリギリまでお安く見積もります  第2 現場のご近所にはご迷惑はかけません  第3 廃棄物の処理は処理場で完全に行います
富山解体3つの約束
最低価格をしっかり認識してから発注したい  対応は勿論、良心的な業者にお願いしたい  近隣に迷惑をかけないかが心配  解体工事の知識がないのでわかりやすく説明してほしい  価格が安いのか高いのか全く分からない
下記のようなお悩みをお持ちのお客様を スタッフが分かり易くご説明致します
先ずは見積もりから
富山県・岐阜県・飛騨地方 どこへでも出かけます  どこよりも安く、どこよりも親切
北陸3県 

家屋・ビル・アパートの解体  見積もり無料です
オーロラ解体富山
電話  076-471-7667 FAX  076-411-7522 携帯  080-6356-8765
環境と処理を重視する